So-net無料ブログ作成
検索選択

#カノジョできないの私だ。

生涯未婚率上昇と1985年 [随想]

生涯未婚率は1985年から上昇しています。

n1020740.gif

1985年といえば、男女雇用機会均等法が制定された年です。当ブログではかつて男女雇用機会均等法により恋愛結婚事情に大きな影響があったと指摘しました。(ご興味のある方は右コラムの検索窓に「男女雇用機会均等法」と入力して検索してください。)それらのエントリーは社会学の資料としても使っていただき、私も社会学者として教壇に立たせてもらえないものだろうかと思っている次第です。この男女雇用機会均等法は、生涯未婚率の上昇にも影響したように思われます。すなわち、同法によって下記の現象が生じました:

(1)女性にとって結婚が死活問題ではなくなった
(2)女性が仕事に没頭し結婚から遠ざかった
(3)ある種「贅沢」となった結婚では女性の結婚相手への条件が厳しくなった

こうして1985年以降、生涯未婚率が上昇して行ったように思われます。

また上記(3)に加えて、1985年から以降は非正規社員が急増して行きました。googleの画像検索で非正規社員の推移を検索すると、出て来るグラフが一番古くても1985年から始まっているものばかりです。生涯未婚率の上昇、男女雇用機会均等法と一致する年です。
この非正規社員の急増により、厳しくなっていた女性の結婚条件をクリアできる男が減少して行ったものと想像できます。

来年は早くも『「婚活」時代』(山田昌弘、白河桃子共著、ディスカバー携書、2008年)から10周年になりますが、同書の中では次のようなことが書かれてあります:

男女雇用機会均等法施行以前の我が国の企業は「総合職の男性と一般職の女性が出会う場」であり「企業がセッティングする集団見合いのようなもの」だった。

その頃の企業風景を当ブログでは朝日新聞朝刊での連載「日本型雇用」から引用したことがあります。すなわち、

17歳で臨時工
ほどなくして正社員に
給与は毎年1割ずつアップ
職場旅行で親しくなった女性と結婚
松下の健康保険組合式場にて挙式
松下の社宅で新生活スタート
松下の積み立てを使いマイホーム取得
松下OBと共同で墓地用地購入

今のパナソニックで勤めた76歳男性(当時)は上のような人生を歩まれたそうなのです。今読むと、とても信じられない異世界のお話ですね。

こうした企業風土が消え去り、貧しい非正規社員が急増し、男女雇用機会均等法によって女性の結婚観が変わって結婚相手となる男への条件が厳しくなった。これらのことの出発点が1985年だったのではないでしょうか。そうして生涯未婚率上昇へとつながって行ったものと思われます。
1985年は、大きな年でしたね。

生涯未婚率 過去最高に [随想]

50歳まで一度も結婚しない、すなわちもう一生結婚しないだろうという人の占める率、生涯未婚率が過去最高となりました。

「生涯未婚率、男性23%・女性14% 過去最高」

男はおおよそ4人に1人が生涯未婚です。
これについてはまた稿を改めて考察したいと思いますが、まずは私はお仲間がたくさんで心強いです。まだマジョリティにはなっていませんが、4人に1人は心強い。
非婚はトレンドになりつつありますね。

人生で「なしとげる」とは [随想]

私は子供の頃から、何かをなしとげる人になりたいと思って来ました。本を出したり、音楽で身を立てたり、そういった業績を残せる人生でありたいと思っていました。しかし最近になって、なしとげるとはそういうことではないのではないか?という気がしています。

人生において「なしとげる」とは、結婚して子供を育てた人に対して言えることなのではないでしょうか。
結婚するということは、これは大変なことで、自身の魅力が平均以上になければなりませんし、経済力も抜きん出ていなければなりません。まして子供を育てるとなれば、豊かな財をなすことのできた人にしかできない偉業です。
だから結婚をし子供を育てた人のことを「なしとげた」人と呼ぶべきではないかと思うのです。

もはや結婚の可能性も消え、母親の年金に頼らねば生活して行くことができない私は、何もなしとげられなかった無力感で押しつぶされそうです。家族を見る度、何とも言えない気持ちになります。

LINEで分かる相手への愛情? [随想]

twitterでフォローしてくださった、さるアイドル女子さんとやりとりしています。やりとりが途切れなくって延々続くんですが、これが全然むかつかない。こういう時に、ああ自分はこの子のことが好きなんだなあ(みつを)と実感しますね。

かつて婚活アプリでマッチングした20代女子さんとfacebookメッセンジャーでやりとりしてたことがあります。その時には、忙しい時にじゃんじゃんメッセージが来て、返信しても途切れず、次第にひどくむかつくようになりました。最後はついにメッセンジャーの機能使って電話がかかって来たので、その時食事するとこで好物を食べようというタイミングだったことから一層むかついて、その場でブロックしジ・エンドとなったことがあります。こういうのは、その子のことが嫌いだったんですよね。

タイトルには分かりやすくLINEと書きましたが、LINEに代表されるメッセージ交換で、やりとりが延々続いてもむかつかないか、むかつくかで自分の相手への思いが分かる気がします。

また就活で女子大生が被害 [随想]

2008年11月2日に、こんなエントリーを書きました。

ネタか?実話か?おそるべしYahoo!知恵袋

この中で就活中の女子大生らを内定ちらつかせて食い散らかしているハゲメタボオヤジさんらをご紹介しました。本日のニュースによりますと、今年もまた就活中の女子大生が毒牙にかかった模様です:

人事担当を装って学生にわいせつ行為か 男を逮捕

内定を取るためには女子大生もリスクを取る他なく、危険ですね。
上のエントリーでご紹介したハゲメタボオヤジさんらの卑猥な会話が思い出されました:

「こないだのさウヒッヒッヒッヒ……(笑)」
「ああ!ああ!営業事務志望の○○ちゃんだろ!?あの子、かっわいいよなぁ……!」
「で、×さん、もしや……?」
「当然でしょう!いただきましたよっ!(笑)ウヒッヒッヒッヒ……(笑)」
「あっ!この野郎、毎年テが早ぇーよウヒョッヒョヒョヒョ……!(笑)」
「また、エントリーシートで?ウシシシシシシ……(笑)」
「おーん、パソコン入れて、うち持って帰って電話したウヒッヒッヒッヒ……(笑)」
「『おつきあい次第で内定、出せちゃうよ?』って言ったらすぐウヒッヒッヒッヒ……(笑)」

正社員最強説です。

イケメン金持ちがモテるのは神の御業? [随想]

40代男が20代女性からモテるという都市伝説」というエントリーが当ブログにあります。私が45歳の時に書いたものですが、この5年間一貫して圧倒的に読まれ続けているエントリーです。例えるならゴダイゴの「銀河鉄道999」みたいなもので、もうこれ一本あれば一生食べて行けます的な感じのエントリーです。有難うございます。

そのエントリー内で、46歳でも福山雅治みたいな男だったら考えてやるという20代女性の声をご紹介しました。年寄りはイヤだがイケメンは別腹ということです。

私も橋本環奈ちゃんが好きですが、女性もイケメンが好きですね。
思うのですが、そうしてブサイクな男女が異性のパートナーを見つけられずに死滅して行くと、この世は美男美女で満たされて行くのではないでしょうか。それは神の御業(みわざ)とすら思えます。この世界を美しくして行く壮大な計画。

それから上記のエントリーでは、中年男なら年収が2,500万円ほどないと話にならないという声も多数ご紹介しています。金持ちもまたモテます。これも、金を稼ぐ能力を備えた優秀な人間でこの世を満たしたいという神のご計画かも知れません。

イケメンと金持ちだけが恋人を作り結婚をして子孫を残すことを許される。これは紛れもない事実ですが、何か最近、その背後に神のお姿が見えるのです。
この世界というものは、これからどんどん美化されて、能力の高い天才で満たされて行くのではないでしょうか。そういう神のご計画に、低所得ブサメンとブサイク女各位は、淘汰されることで応えて行くのがあるべき姿なのではないでしょうか。
そう考えると生きる意義と充足感も抱かれようというものです。

橋本環奈ちゃんに恋をしています。 [随想]

たまたま新聞テレビ欄で名前を見て録画しておいた『ネプリーグ』を見ました。
橋本環奈ちゃんが愛しいです。
胸がきゅーとなる。ここから英語cuteは出来たらしいですね。(知らない)

何歳離れてるんだよという大問題がありますが、私の環奈ちゃん愛は完全な恋愛です。50になっても高校生のような恋をさせてくれる橋本環奈ちゃんには感謝感激です。
笑う時、鼻にが寄るんですよね。思うにあれは美人の特徴ですね。
でも環奈ちゃんの魅力は美人さんなだけではありません。しかし、これについて詳細に記すとどんどんキモくなるため、やめます。

来月29日には彼女が所属するグループRev. from DVLの解散ライブがあります。私はFC枠で抽選に当たり、行って来ます。めちゃくちゃサイリューム振ります!
もうことによったら環奈ちゃんと結婚してもいいと思ってます。

50になりました。 [随想]

たった今、50歳になりました。Happy Birthdayもくそもありません。ついに生涯未婚率に換算されます。

私はまさか、カノジョができぬまま50歳になろうとは思いもしませんでした。こんな悲惨な人生となるなんて、さすがに予想しませんでした。神様はどこかで冗談でしたと私を許してくれるのだとばかり思っていたのですが、甘くありませんでした。

私が婚活を始めたのは確か34の頃でしたが、あの頃はまだ若い意識がありました。今でもまだ少し、その意識はありますが、でももう完全なオッサンですね。
幸福の科学の千眼美子さんは最近出版された著書『全部、言っちゃうね。』の中で、芸能活動中、握手会でオッサンが気持ち悪かったと書いています。オッサン可哀想です。これが若いイケメンだったなら千眼美子氏も出家するほど悩まなくて良かったのです。オッサンはオッサンというだけで気持ちが悪い。

もはや私にはこの先カノジョができるようなこともないでしょう。このブログも、どうしようかと正直考えています。

人は私を童貞と呼ぶが [随想]

正真正銘、童貞な私だが、視姦ならたくさんやって来た。


そんなにいいものでもないね。

やはり現代女子は古風 [随想]

ココイチでカレーを食べていました。隣は女子高生3人組でした。「うぜえ」「むかつく」「死ね」しか口にしないその語彙の貧困さ、10代女子特有の殺伐とした雰囲気から、女子高生に違いなかろうと思われました。女子高生トリオはしかし、「うぜえ」「むかつく」「死ね」以外の言葉も口にしました。

「ねえチキンて英語で何いー?」
「バードじゃね?」
「あ、チキンてトリだからバードか。」
「うち、めっちゃバード食ってる。」
「今年、酉年。『バード・オブ・イヤー』。」
「トリ(バード)の(オブ)年(イヤー)。あ、すげえ。」
「お前めっちゃ勉強してんじゃん。」
「やっぱ就職決まると違うわ。」
「うちも英語やらなきゃ。」

そこで、彼女らが就職を控えていることが分かりました。話は卒業式に移ります。と、どうも彼女ら=女子高生説が怪しくなりました。「卒業式は袴」、「でも謝恩会はパーティードレス」などという言葉が聞こえたのです。
なんと、彼女らは大学4年生でした。
大学4年で「バード・オブ・イヤー」……。

で、ここからの会話が本題です。

「早く金持ち見つけて1年で仕事辞めてえ。」
「でもうち3年は辞めないでねえって言われた。」
「うちも言われた。」
「1年は短いっしょ。」
「でもガチで金持ち見つけなきゃ。」
「仕事は結婚するまでのつなぎだよな。」

当ブログはかつて、現代の日本女性は古風なのではないかと書きましたが、やはりそのようです。若い女子の間にも、結婚して会社を辞め家庭に入るのがあるべき未来という考えがあるようです。

これは、まだまだ日本社会で女性が活躍する場を持てない現状が生み出しているものかも知れません。あるいは日本人女性に脈々と受け継がれる「文化」なのかも知れません。
いずれにしても、女性がこの考えを持っている限り、甲斐性のある男しか結婚できない現状は変わりません。ゆゆしき事態です。