So-net無料ブログ作成

#カノジョできないの私だ。

人生で「なしとげる」とは [随想]

私は子供の頃から、何かをなしとげる人になりたいと思って来ました。本を出したり、音楽で身を立てたり、そういった業績を残せる人生でありたいと思っていました。しかし最近になって、なしとげるとはそういうことではないのではないか?という気がしています。

人生において「なしとげる」とは、結婚して子供を育てた人に対して言えることなのではないでしょうか。
結婚するということは、これは大変なことで、自身の魅力が平均以上になければなりませんし、経済力も抜きん出ていなければなりません。まして子供を育てるとなれば、豊かな財をなすことのできた人にしかできない偉業です。
だから結婚をし子供を育てた人のことを「なしとげた」人と呼ぶべきではないかと思うのです。

もはや結婚の可能性も消え、母親の年金に頼らねば生活して行くことができない私は、何もなしとげられなかった無力感で押しつぶされそうです。家族を見る度、何とも言えない気持ちになります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0